普段から身につけられる婚約指輪・エタニティーリング

エタニティーリングを婚約指輪にするメリット

2017年09月06日 17時20分

リングの周囲の全てに同じサイズのダイヤモンドが埋められたデザインがエタニティーリングです。
途切れることなくダイヤモンドが並んでいるので「永遠」を意味する「エタニティー」リングになっているのです。
永遠に途切れる愛という意味があります。
 
エタニティーにはフルエタニティーとハーフエタニティーのふたつがあります。
リングの全周にダイヤモンドが埋め込まれたタイプがフルエタニティーです。
こちらのほうが一般的ですね。
ハーフエタニティーはコスト面も安くなりますし、サイズ直しもしやすいです。
リングの半周程度にダイヤモンドが埋められています。
エタニティーリングは結婚10周年などの記念日に夫から奥様へ贈る指輪が定番
 
しかし、最近は華やかさもありますから結婚指輪として贈られるケースも多いです。
服装にダイヤモンドが引っかかる心配がありませんから、普段使いもしやすいからです。
 
婚約指輪と結婚指輪の両方を重ねづけしたい女性は、婚約指輪にエタニティーリングを選ぶケースも多いでしょう。
どの面からみても綺麗なダイヤモンドの輝きがあります。
上品でゴージャスな特徴がステキです。
 
比較的小さめのダイヤモンドが並んでいるのでリングに埋め込みができます。
主張しすぎることもないから違和感なく普段使いでき人気になっているのです。
見た目の輝きもあり、華やかですし、小さなダイヤモンドを使うので料金もリーズナブルですね。
華やかさは欲しいけど予算が……そんなカップルにはオススメしたいです。
 
セットリングとして考える場合は、デザイン・色・バランスも注意しましょう。
同じショップで購入するといいですね。
婚約指輪を選ぶときには結婚指輪のデザインも意識する必要があるからです。
日常使いをしない場合でも重ねづけできるリングを選んでおくと、お友達やご親族の結婚式に列席する場合や、
ちょっとしたパーティーのときにも身につけることができて重宝します。
重ねるだけでもゴージャスで人目を引きます。一度検討してみてはどうでしょうか?