普段から身につけられる婚約指輪・エタニティーリング

普段から身につけられる婚約指輪・エタニティーリング

男性が婚約をしたときに、婚約指輪を女性に贈りますが、その場合にどんな指輪を贈るかですが、最近は普段使いできるタイプが人気です。
エタニティーリングというデザインも普段使いとして重宝されます。
また、ダイヤモンド以外の宝石を使うこともあります。
この記事では【普段から身につけられる婚約指輪・エタニティーリングを婚約指輪にするメリット・ダイヤモンド以外の婚約リング】について詳しく解説します。
 
普段から身につけられる婚約指輪
 
マリッジリングと呼ばれる結婚指輪は日常から身につけます。
しかしながら、婚約指輪は挙式までの短期間の指輪になります。
結婚をして新生活が始まりますから、いろいろな費用がかかるので不要ではと考えるかもしれません。
しかし、男性の結婚への決意や女性への愛情が婚約指輪には込められています。
 
婚約している期間に贈る大事なジュエリーです。
彼女のためにもぜひとも贈ってあげて欲しいです。
そして、婚約指輪を結婚後にも身につけます。もったいないと思うならば、普段使いもできるような婚約指輪を選ぶといいでしょう。
 
では、どんなタイプの指輪があるのでしょうか?
最近の流行は、婚約指輪と結婚指輪をふたつ重ねて身につける「セットリング」ですね。
日常的に婚約指輪をお洒落として着けたい女性が増えてきたので、セットリングはオススメです。
 
セットリングのバリエーションもかなり増えてきています。
好みや利用新に応じたセットリングのラインナップがあります。
ふたりで相談しながら納得できるデザインを選びましょう。
選ぶ秘訣ですが、いくつかあります。
 
1番目「気に入ったデザインであること」です。
どれだけ高額でデザインが凝っているセットリングであっても身につける女性が気にいらなければ利用することもありません。
普段から使いたいと思うデザインを選びましょう。
 
2番目「つける本人にその指輪が似合っているかどうか」です。
普段の服装や女性の雰囲気にマッチしたセットリングがいいです。
カジュアルな装いが多い女性ならば、大きなダイヤモンドのリングよりもシンプル系のほうが似合います。
フェミニンな女性の場合は太く存在感のあるリングよりも繊細で曲線があるリングのほうが似合います。
 
3番目「どういったシーンでセットリングを身につけることが多いか」です。
パーティーとか高級レストランで身につけるシーンが多いならば、ゴージャスタイプがいいでしょう。
ダイヤモンドをふんだんにあしらった華やか系が似合います。
 
しかし、仕事中でも着けたいならば話は別。
爪のあるタイプの婚約指輪よりも、リングにダイヤモンドが埋め込まれているようなシンプル系のデザインがマッチします。
 
普段から婚約指輪を身につけていたいならば、ライフスタイルを考えながら選びましょう。
趣味にあってライフスタイルにマッチしているセットリングならば、引き出しにしまいこまれることなく長く使ってもらえるでしょう。
女性のライフスタイルは年齢とともに変わります。違うイメージにしたいならば、リフォームする方法もありますね。


結婚指輪 手作り

婚約指輪 手作り

結婚指輪 デザイン

婚約指輪 デザイン

結婚指輪 刻印

指輪 手作り

手作り リング

指輪 ハンドメイド

結婚指輪 オーダーメイド

プロポーズ 婚約指輪